ハートガードプラスを安く手に入れたい

通院しなくてもフィラリア予防ができる?ハートガードプラスをネット購入する方法

ソファで寝そべる愛犬

犬を飼っている知人が昔、こんなことを言っていました。

「愛犬のために薬を買ってあげるのはいいんだけど、結構お金かかるんだよね」

そのとき、私はペットを飼っていなかったので「それはツラいね」と返事するくらいだったのですが、犬を飼っている今となっては知人の言葉を痛感します。特に大変なのがフィラリア予防

定期的に予防薬を投与しなければいけず、そのたびに動物病院に通わなければいけません。もちろん、これには毎回それなりのお金がかかるわけで……。

「もっと安くフィラリアを予防する方法はないものか」と思って調べたところ、「個人輸入代行サイト」という通販サイトのことを知りました。そこで、私が調べた情報をもとに、個人輸入代行サイトを使ってフィラリア予防薬を安く購入する方法をご紹介します

医薬品をネット購入するのは安全か?

ネット通販について解説する医者

個人輸入代行サイトは、海外の医薬品のみを取り扱う通販サイトです。

私たちがふだん使用するような医薬品ばかりを販売するサイト、ペット用医薬品のみを取り扱うサイトの2種類があるので、フィラリア予防薬を購入する際はもちろん後者にアクセスしてください

①大手通販サイトでは購入不可

通販サイトと聞いてパッと思いつくのが「Amazon」ではないでしょうか。このほかにも、「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「Wowma!」などさまざまな通販サイトがあります。

いずれも取扱商品のラインナップが充実しており、日用品やスポーツ用品、書籍、DVD、サプリメントなど幅広いジャンルの商品を気軽に注文・購入できます。頻繁に利用している方も多いのではないでしょうか。

しかし、そんな大手通販サイトでもフィラリア予防薬は取り扱っていないので要注意!

その理由は、フィラリア予防薬が「要指示医薬品」に指定されているためです。

要指示医薬品とは、ペット用医薬品のなかでも特に注意して取り扱わなければいけないものをいいます。獣医師から適切な指示を仰いだうえで初めて使用することができ、また購入するためには処方箋の提示が必須です。

つまり、簡単に言えば、動物病院で診察を受けたうえで処方してもらう必要があるということです。このことから、獣医師による診察がなく、処方箋が発行されることもない通販サイトでの取り扱いは禁止されています

②個人輸入代行サイトで購入できる理由

海外の薬局

「じゃあ個人輸入代行サイトでネット注文・購入するのは違法行為なの?」

と思われる方も多いのではないでしょうか。結論から言うと、答えはNOです。

確かにフィラリア予防薬は要指示医薬品に指定されていますが、それはあくまでも日本国内においての話。日本の薬事法によってそう決められているだけなので、海外で流通している医薬品にこのルールは適用されません。そして個人輸入代行サイトは、上記のように海外製医薬品のみを取り扱う通販サイトです。

つまり、個人輸入代行サイトで取り扱っている医薬品はすべて日本の薬事法の適用外であり、個人で購入しても問題ありません。また、「個人が海外から医薬品を注文する(=輸入する)」ことについても、合法的に認められています

これはもともと、海外で治療を受け、その途中に帰国した場合でも同一の海外製医薬品を用いて治療を続行できるように、という配慮から定められたようです。

③輸入手続きは代行業者にお任せ

空輸されて来る商品

とはいえ、輸入するためには税関を通る必要があります。また、その際のやり取りや手続きは英語をはじめとする外国語で行わなければいけません。このような輸入手続きを個人でするのはまず不可能と言っていいでしょう。

しかし、個人輸入代行サイトを利用すれば、注文者が面倒な輸入手続きをすることなく医薬品を注文・購入できます

個人輸入代行サイトで販売する医薬品についてはすべて、「個人輸入代行業者」が私たちの代わりに輸入手続きを済ませてくれます。そのため、私たちは余計な心配をすることなく、一般的な通販サイトを利用する感覚で気軽に好きな医薬品を注文することができます

④個人輸入代行サイトのメリット・デメリット

【メリット】

【デメリット】

⑤優良業者をしっかり選ぶことが大切

サイト選びに失敗した男性

今や数多くの個人輸入代行サイトが開設していますが、なかには優良業者を装った悪徳業者が運営するサイトもあるようです。

悪徳業者が販売するのは正規品を模した偽造品であり、使用しても正規品のような効果は得られないでしょう。それどころか、むしろ強い副作用をはじめとする悪影響が及ぶ危険性のほうが高いといえます。

そのほか、もちろんお金を騙し取られることになり、最悪の場合はクレジットカードの情報が漏洩することも考えられます。

このような悪徳業者に引っかからないように、入念に下調べをしたうえできちんと優良業者を見極めることが大切です。

優良業者の特徴として、以下のようなものが挙げられます。

また、各個人輸入代行サイトに寄せられた口コミ、優良業者を厳選したランキングサイトなどをチェックするのもおすすめです。

トップブランド「ハートガードプラス」がおすすめ!

ハートガードプラス

上記のことを踏まえたうえでフィラリア予防薬をネット注文するにしても、今や開発されているフィラリア予防薬は多種多様。どの商品を購入するか迷われる方も多いのではないかと思います。

また、現在愛犬に投与しているものから別のフィラリア予防薬にシフトしたいと考えている方もいるかもしれません。そのような方々にぜひともおすすめしたいのが、世界的に広く支持されている「ハートガードプラス」です。

①「カルドメック」と同一のフィラリア予防薬

カルドメック

ハートガードプラスは、アメリカのメリアル社が販売するフィラリア予防薬です。

フィラリア予防薬は世界中のさまざまなメーカーが製造・販売していますが、その中でも特に人気が高い製品として知られています。

また、日本の動物病院で処方されるカルドメックと同一の製品である点もポイント。犬を飼う方にとって親しみ深いカルドメックと有効成分や効果がまったく同じなので、安心して愛犬に投与することができます。

②2種類の有効成分が内部寄生虫に効く

ハートガードプラスは、イベルメクチンとパモ酸ピランテルという2種類の有効成分を含有するフィラリア予防薬です。

【イベルメクチン】
フィラリアの予防に効果的な成分であり、フィラリアの卵や幼虫に対して殺虫作用を発揮します。ただし、成虫に対して殺虫作用がない点に要注意。フィラリアが成長してしまったあとでは効果を発揮することができず、むしろ過敏反応を示すことで犬に強いショックを与えるおそれがあります。そのため、初回に限っては必ず動物病院で検査を行い、フィラリアが感染していないことを確認したうえで投与するようにしてください

【パモ酸ピランテル】
回虫や鉤虫といった消化管内線虫に殺虫作用を示す成分です。これらの消化管内線虫は犬の体内環境を汚染するおそれがあり、消化不良や下痢などの原因になります。愛犬に疑わしい症状が現れた場合は、状態が悪化する前に早めの投与を心がけましょう

③チュアブルタイプなので投与しやすい

薬を投与しようとしている獣医

ハートガードプラスはチュアブルタイプのフィラリア予防薬です。犬が好むミート味に加工されているため、錠剤が苦手な愛犬にも投与しやすいのがポイント。これまで愛犬に錠剤を飲ませるのに苦労していた方も、これなら気楽に投与できるのではないでしょうか。

とはいえ、ハートガードプラスは立派な医薬品のひとつであることを忘れてはいけません。

いくら愛犬が味を気に入り、おねだりしてきたとしても、必ず用法用量を守って正しく投与するようにしてください

④用法用量

5月の庭

ハートガードプラスの効果は1ヶ月間持続します。そのため、月に1回、1錠を経口投与してください

投与する期間については、一般的に「蚊の発生時期の1ヶ月前~蚊がいなくなった時期の1ヶ月後」です。具体的には5~11月が投与期間とされています。

また、最近では通年投与する方も増えているようです。上記の期間以外にも毎月投与することで、1年を通して愛犬を守ることができます

⑤愛犬のサイズに合った商品をチョイス

様々なサイズの犬

ハートガードプラスは、犬の体重にあわせて「小型犬用」「中型犬用」「大型犬用」の3種類が販売されています

いずれもイベルメクチンやパモ酸ピランテルを有効成分として含んでいる点は同じですが、含有量が異なります

それぞれ対象のサイズの犬に合った成分量を配合しているので、愛犬の体重をきちんと把握したうえで適切な商品を選んであげましょう

不適切なものを投与してしまうと、ハートガードプラス本来の効果が発揮されないほか、副作用が強く現れるおそれがあります。

⑥副作用の有無

副作用について解説する医者

私たち人間が使用する医薬品と同じように、ペット用の医薬品にも副作用があります。ハートガードプラスの主な副作用として、嘔吐や下痢が挙げられます。そのほか、重度の副作用として食欲の低下や瞳孔の拡大、痙攣、過度の唾液分泌などが確認されています。

このような重い副作用が現れることは滅多にありませんが、万が一疑わしい症状が現れた場合はすぐさま獣医師に相談するようにしましょう

また、コリー犬種はイベルメクチンに対して強い過敏反応を示すおそれがある点に注意してください。投与量を調節する必要があるほか、場合によっては投与そのものが禁止されるケースもあります。コリー犬種を飼っている方は、必ず獣医師に相談したうえで適切な指示を仰ぎましょう。

⑦激安価格で購入できる!

激安価格で購入できて喜んでいるユーザー

ハートガードプラスを個人輸入代行サイトで購入した場合、その1錠あたりの平均相場は400~500円ほどといわれています。ただしこれは小型犬用の場合であり、中型犬用や大型犬用はもう少し高くなります。

また、個人輸入代行サイトによって販売価格に若干の違いがあるため、あくまでも目安として参考にしてみてください。

とはいえ、診察費や治療費がかからない分、動物病院で処方してもらうよりも格安で手に入ることは間違いありません

利用するサイトによっては割引キャンペーンを実施していることもあるので、ぜひチェックしてみてください。

多くの愛犬家がその効果を実感!

最後に、ハートガードプラスについての口コミをいくつかピックアップしてみたのでご紹介します。

①50代男性 飲食店経営者

うちの犬は錠剤をひどく嫌っていたため、予防薬の投与に毎回苦戦していました。

ですが、ハートガードプラスにしてからはすごく気に入ってくれたようで、ご飯と一緒に与えてもスムーズに飲んでくれるようになりました。

初めて与えたときは若干の嘔吐がありましたが、今はそのような副作用もありません

②30代女性 アパレル店員

愛犬を検査に連れていったとき、「鉤虫が寄生している可能性があるから早めに治療したほうがいい」と獣医師さんに言われ、それからはフィラリア予防も兼ねて定期的にカルドメックを処方してもらっていました。

今はハートガードプラスに変えて投薬していますが、もともとカルドメックと同じ薬ということで問題なく使えています

③40代女性 主婦

飼い始めの頃は動物病院で薬を処方してもらっていましたが、少しでも経済的な負担を軽くしようとして調べたときにハートガードプラスのことを知りました。

通販サイトで手軽に注文できるので、経済面だけでなく私の時間にも余裕が生まれて助かっています

愛犬も気に入って食べてくれていますし、副作用もまったくありません。

④30代女性 OL

これまでは動物病院で注射してもらってフィラリアを予防していたのですが、うちの子はどうも注射が嫌いなようで毎回暴れていました。

でもハートガードプラスならおやつ感覚で気軽にあげられますし、何より愛犬のツラそうな姿を見なくて済むようになったので安心です。

今後も引き続き、ハートガードプラスでフィラリア予防をしてあげたいと思います。

Pick Up

 

TOPへ