フィラリアについてどれくらい知っていますか?

元気の無い犬

犬の病気の中でも特に危険とされているのが、「フィラリア症」です。ミクロフィラリアという寄生虫が犬の体内に侵入することで起こる病気であり、犬の死亡原因になることも少なくありません。

ミクロフィラリアの幼虫は蚊によって運ばれ、その蚊が吸血する際に犬の体内に入り込みます。

そして、犬の体内を移動しつつ徐々に成長していき、成虫になると心臓や肺周辺の動脈に棲み着きます

ミクロフィラリアの成虫は糸のような長い体をしているのが特徴で、個体によっては30cm近い長さにまで育つこともあります。

そんな寄生虫が血管内に棲み着いてしまうと、当然血の巡りは悪くなります。

その結果、貧血や喀血(咳と一緒に肺や気管支から血が出ること)、腹水、呼吸困難、血尿といった症状が現れます

また、放っておくと犬の体力がどんどん奪われていき、やがては命を落としてしまうこともあります。

上記の症状が現れた場合、もしくは散歩を嫌がったり少しの運動で激しく息を切らしたりしている場合は、すでにフィラリア症を引き起こしているのかもしれません

そんなフィラリア症は、なにも犬特有の病気ではありません。犬と同じくペットとしての人気が高い猫が発症する可能性もあります

犬を飼っている方はもちろん、猫を飼っている方も決して軽視できない病気です。

感染すると治りにくい病気

感染すると治りにくい病気であることを指摘する医者

フィラリア症を発症した場合は、原因であるミクロフィラリアを取り除く必要があります。その方法は、主に外科手術をして除去するか、専用の医薬品を投与して駆除するかの2択です

しかし、いずれの方法もリスクがあります。外科手術をすると心臓や肺を傷つけてしまう危険があり、一方の薬物療法もアレルギー反応を引き起こす原因になりかねません

フィラリアを駆除できたとしてもペットにかかる負担が大きくなりやすいうえに、場合によっては治療が原因でペットが死んでしまう可能性もあります。

発症してから治療するのではなく、発症しないように予防することを心がけましょう

投薬時は感染していないことを要確認

投薬時は感染していないことを要確認することを指摘する医者

当サイトで紹介しているハートガードプラスをはじめ、現在は優れたフィラリア症予防薬が数多く開発されています。

しかし、フィラリアの感染を防ぐためには、正しいタイミングで投与しなければいけません

上で説明したように、フィラリアは蚊によって感染します。

そのため、少なくとも蚊が活動する時期(4~11月)に毎月投与する必要があります。

また、フィラリア症予防薬を投与する場合は、先に感染していないかどうかを必ず確認してください

すでに感染している状態で投与してしまうと、体内にいるフィラリアが死滅することがあります。

それによってアレルギー反応が起こり、ショック症状を引き起こすリスクが高まります。

動物病院で血液検査を受け、フィラリアに感染していないことを確認したうえで投与しましょう。

予防しないと感染率はかなり高い

蚊のイラスト

ミクロフィラリアは蚊という私たちに身近な存在によって運ばれるため、予防しなければその感染率はかなり高くなります。

過去に行われた調査によると、「東京都内における3年間の感染率が38%、89%、92%と年々上昇した」という結果が出たようです。

これはフィラリア症予防をしていなかった場合のデータですが、蚊の多い地域であればさらに感染率が高くなることが予想されます。

ペットをフィラリア症から守るために、蚊が発生する時期は必ず毎月予防してあげましょう。

ハートガードプラスを購入する

室内犬や犬以外のペットも油断は禁物

猫

近年では室内飼いされている犬が増えていますが、そんな室内犬でもフィラリアに感染することがあります。

また、上記のように、犬だけでなく猫に感染することもわかっています。

犬や猫を飼っている方は、ペットの種類や飼育環境に関係なくフィラリア予防を欠かさないようにしましょう。

室内犬でも感染する

室内犬

基本的に蚊を見かけるのは屋外ではないかと思いますが、だからといって室内犬が安全とは限りません

室内にも蚊は入ってくるほか、いくら室内犬といっても散歩で外に出る機会はあります。

「室内で飼っているから」という理由だけでフィラリア予防を怠ってしまうと、知らない間に感染し、深刻な状態にまで進行してしまうかもしれません。

たとえ室内飼いをしているとしても、フィラリア予防は必ず行いましょう。

ちなみに、蚊が少ないとされている北海道であっても、「室内犬の感染率は3%」というデータがあるようです

フィラリア症は“犬の病気”として広く知られていますが、猫も発症する可能性があります

犬の場合と同様に、フィラリアを保有する蚊に血を吸われた際に感染し、そのまま放置していると発症するリスクが高まります。

犬に比べると発症率は低いとされていますが、それでも油断は禁物です。猫の場合は呼吸困難や過度の咳といった症状が多く見られることから、“肺の病気”といわれることもあります。

犬と比べて出やすい症状に違いはありますが、命に関わる危険な病気であることは変わりません。

愛猫を守るために、予防は欠かさないようにしましょう。

TOPへ